人工知能の未来~ディープラーニングの先にあるもの

人工知能の未来~ディープラーニングの先にあるもの Part 1/2 ~東京大学・松尾豊氏~ グロービス特別セミナー 人工知能の未来 ~ディープラーニングの先にあるもの~ Part 1/2 近年、人工知能の研究者たちの大きな注目を集めている技術がある。人工知能分野における50年来のブレークスルーとも言われる「ディープラーニング(Deep Learning)」である。今までの人工知能は、現実世界の現象の「どこに注目し、どれが重要か」を人間が決めており、コンピュータが決めていなかった。しかし、ディープラーニングは、蓄積されたデータをもとに、コンピュータ自体が決め、人間と同じように経験に基づいた行動をすることを可能にしようとしている。この分野で、トップランナーの一人である東京大学・松尾豊氏。ディープラーニングを使った人間を超える画像認識技術、今後の展開や社会への影響などを語る(視聴時間39分)。 スピーカー 松尾 豊氏 東京大学 准教授  グロービス特別セミナー 人工知能の未来 ~ディープラーニングの先にあるもの~ Part 2/2  【ポイント】 ・これまで、現実世界から「どこが重要なのか」を決めて取り出し、モデルをつくるのは人間だった。ディープラーニングはモデルをつくるところからコンピュータが行うという点で新しい ・ディープラーニングの画像認識の精度は上がり続けている。人間が間違う比率が5.1%に対し、2015年にはコンピュータは4.8%。コンピュータのほうが画像認識に優れてきた ・画像認識の精度が上がり、ディープラーニング関連の海外企業は投資・買収合戦が始まっている ・画像認識のレベルが上がり、顔写真で決済も可能になる

Read more

Deep Learning習得と人材育成のコツ(初学者向け)

この動画では、Deep Learning人材が国内だけでも数十万人が不足していると言われる中、初めてDeep Learningに触れる方を対象に素早く効率的にDeep Learningを習得、人材育成するコツを紹介します。  実践Deep Learning:Deep Learningで行う予測  Deep Learning入門:Deep Learningでできること  Source:  Neural Network Console

Read more

歌手のビョーク 人工知能を使い天候に応じて変化する曲を創作

アイスランドの歌手ビョークがマイクロソフトの人工知能(AI)を使って作曲を行なった。Engadgetによれば、プログラムの特徴は天候に応じて曲が創作されるという。 シンガー、ソングライター、プロデューサー、そして不可抗力のアイスランド人アーティスト、ビョークは、彼女の経歴の中で作成した合唱のアレンジメントのいくつかを紹介するために、彼女のアーカイブを開きました。 AIは屋根に設置されたカメラを使い、外の様子を観察し、気圧や光、雨量、雲の形や流れ、鳥の動き、飛行機の通過などに反応し、気候条件に応じて楽曲を変化させる。 報道によると、合唱を構成する曲は絶えずニューヨークのシスター・シティーホテルのロビーで演奏されている。  https://jp.sputniknews.com/culture/202001197027501/

Read more

なぜAI時代に人類学的思考法を持った人材が必要なのか?

なぜAI時代に人類学的思考法を持った人材が必要なのか? AI時代において人間の役割は何か.今企業にとって、どのような人材が必要なのか。ビジネスと人類学の視野からひもといていきます。  「Why do we need human resources with anthropological thinking in the AI era?」 What is the role of human beings in

Read more